スポンサーリンク

7707 プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)が縁の下の力持ち

「遺伝子診断市場に全世界的ソリューションを提供する」とELITechのCEO

ELITech 、PSS供給の全自動遺伝子診断装置を9月より販売

2015年7月28日

「ELITe InGeniusTMは、遺伝子診断業界において真のブレークスルー(飛躍的進歩)をもたらす製品となります。それはなぜかと言えば、汎用性のある検体前処理(多様な検体からの遺伝子抽出)と独立コントロールのリアルタイムPCRによる複数のサンプル診断処理能力とを兼ね備えたこの装置は、従来なかった(検査工程の)柔軟性と遺伝子診断を臨床診断の現場に提供する事が可能となり、他の自動遺伝子診断装置にはない独自の製品性能の優位性があるからです。」と語っています。
PSSの田島秀二社長は、「全自動化遺伝子診断システムgeneLEAD XIIは、PSSの今迄の技術の集大成として位置付けており、2015年7月17日に会社設立30年を迎えたPSSにとって、新たな事業分野を拓くものとなります。PSSは事業のビジョン(構想)として「遺伝子(バイオ)診断分野において、遺伝子情報を有効活用すべく、"いつでも、どこでも、誰でも"取り扱える自動化システム製品の提供を通じた事業の成長による社会貢献を掲げており、その実現に向け、大きく前進することになります。geneLEAD XIIの汎用性を活用し、がん、遺伝病、食品検査等の分子生物学研究をテーマとする市場にも販売していきます。PSSは、今回の販売開始が、従来遺伝子情報の活用が困難であった遺伝子診断及び臨床研究の分野にブレークスルーをもたらす製品となることに大きな期待をしています。PSSの今まで掲げてきたビジョンの実現に全社員一丸となって事業活動に邁進して行きます。」と語っています。

スポンサーリンク

7707 プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)は実績・良取引先・業態変貌で注目。

とうとうPSSの製品の発売が発表されました。

診断解析装置+試薬でこれから経営安定に期待です。

 

おすすめの記事