運転代行はお酒を飲む人達を中心に、一般的にも幅広く浸透しているサービスで、副業として行う人も増えています。
自家用車を運転していると、例えば居酒屋に立ち寄ってもアルコールが飲めませんが、このサービスがあれば気にせずに楽しめます。
そういう利便性が受けてか、運転代行サービスの需要は伸びている傾向で、またこのサービスを仕事にする人も増えています。
主に利用は夜間に集中しますから、サラリーマンや定年退職後の副業として人気となりつつあります。
開業には手続きが必要ですが、運転免許証があれば始められるので、ハードルはとても低いといえるでしょう。
ただ、最初に覚えておくポイントや、サービス提供を行う上でのルールがありますから、挑戦の際にはしっかりと勉強することが大切です。

スポンサーリンク

運転代行は一種免許・二種免許で報酬が変わる

運転代行サービスの開業には、普通自動車の一種免許と二種免許のいずれかが必須です。
前者は、いわゆる一般の人が持っている免許のことで、主に随伴車を運転する場合に必要となります。
後者は営業資格を有する免許で、事業を行っている人であればこちらを有しているケースが多いです。
前者の免許を持っている人は、アルバイトやパートで雇われるケースが殆どなので、相対的に報酬が低めの傾向です。
逆に後者の資格を有していれば、その本人が代行運転を行えますから、必然的に報酬は高くなるわけです。
仮に開業した人が後者の資格を持っていない場合は、別途有資格者を雇う必要があります。

スポンサーリンク

運転代行を副業にしてどれくらい稼げるか

運転代行は一年中需要がある仕事なので、一晩でも結構稼げる場合があります。
料金体系はサービスによりますが、多くのサービスではタクシーのように距離で設定しています。
しかし、時間で設定しているサービスも存在するので、一概に利益が決まるわけではないです。
どれくらい稼げるか、これは一日あたりの稼働に左右されますが、専業であれば報酬が1万円を超えることも少なくないです。
アルバイトやパートでも夜少し働いて 6、7千円は目指せますから、副業で収入を増やすのに役立つでしょう。

特定の曜日だけ稼働する、そういった働き方も可能なので、自由度が高く稼ぎやすい仕事だといえます

スポンサーリンク

運転代行は個人で行うよりもリスク管理のために登録の方が良い

他人の車を預かって運転する以上は、ドライバーにもそれなりにリスクが存在します。
個人だと、事故を起こしたり巻き込まれた時のリスクが高まるので、代行サービスを提供する会社に所属するのが理想的です
二種免許を取得して事業登録を行い、起業する方法もありますが、副業であればこちらの方が無難です。
免許は一種で構いませんし、アルバイトとして気楽に働けますから、リスクが軽減されるだけでなく気持ちの面でもだいぶ変わってきます。
勿論、アルバイトだと報酬は減少してしまうものの、安心やリスクと天秤に掛ければ良い選択肢となります。

運転代行で副業し、ノウハウを集めて事業化も

副業で運転代行に従事した後は、そのノウハウを持って事業化することも考えられます。

フランチャイズなどで看板やノウハウを共有してもらい開業するという形もあります。



雇用される側ではなくする側にもなれますし、報酬が増えるので検討してみる価値があります。
ただし、独立にはそれ相応の責任が求められるので、保険に加入して対策を行うことが重要です。
万が一事故を起こしてしまえば自己責任ですから、顧客に安心のサービスを提供する意味でも、加入を済ませるのが原則です。
むしろ、安心のアピールにもなるので、独立を行うつもりであれば、こういったノウハウも経験を積んで早めに集めましょう。
そうすることで、安定した報酬を得るのも夢ではなくなりますから、収入が得られる選択肢が増えたり役立ちます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事