ライティングやテレワークは、主婦に人気のある在宅ワークになります。ライターが人気の理由は、特別な能力がなくてもある程度基本的な文章能力があればできてしまう件でしょう。当然ながら、自宅で行うことになりますのでSOHOビジネスとしては非常に魅力的なものが1つになります。 例えば、子育てをしている主婦の場合には、子供が小さいうちは可能な限り子供のそばにいてあげたいと考えるはずです。本来ならば、外に出て子供を預けて自分の仕事をするべきところ、冷たく目ならその心配もありません。このように、子供を見ながら仕事をすることができるだけでなく、外に預けるときのお金も支払う必要がありませんので一石二鳥と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ライター・文章作成の平均1文字単価

ライターの文章作成をする場合には、専門的な分野で勝負する必要がありますがそもそも単価がどれぐらいになるのかを知っておきましょう。基本的に、金額に関してはその人の能力によって変わってきますが、専門的な知識や体験などを元にした記事でない場合には、高い場合で1文字単価2円位なります。ただ、すべての人がそれほど高い金額でできるわけではありませんので、実際には1文字0.3円から0.2円位になると考えておけば間違いありません。特に初心者の場合には、なかなか思ったように稼ぐことができないかもしれませんが、これはどのような仕事においても同じになります。 それならば、プロになるまでがんばり続けるしかありません。

スポンサーリンク

個人事業主としてライターの副業をして稼ぐ

個人事業主として点数稼ぐ場合にはライターが良いですが夜間等も働くことができる店の魅力といえます。よくある例としては、普段昼間に仕事をしており夕方以降に自宅に帰ってくるわけですがそこで夜の間だけ個人の仕事をすることができるわけです。社会人になると、完全に夜の時間帯は無駄になってしまう可能性がありますが、夜も有効に使うことで結果的により魅力的な収入を得ることが可能です。ただ、ダブルワークになってしまった場合には確定申告の仕方が問題になります。申告は、一定金額以上であれば申告する必要がありますがそうでなければ申告する必要はありません。

スポンサーリンク

社会人でもライターは手軽にできる副業

社会人になってからでも、ライターが簡単に行うことができます。例えば看護師の仕事等は不規則になりますので他の仕事と並行して行う事はなかなか難しいのが特徴です。いつ夜勤が入るかもわかりませんので安易に他の仕事を入れるわけにはいきません。

ですが、個人事業として行う場合にはクラウドを使うことで入門からプロまで稼ぐことができているのが特徴です。もし、よくわからないことがあれば誰かに紹介してもらいしっかりとしたサイトに案内してもらうことが必要です。それができれば、今後1人で仕事を続けて行っても問題ないはずです。

ライターから発展させてWEBサイト運営やブロガーも

ライターだった人は、様々な方法でお金を稼ぐことが可能になります。最初は人の文章を書いていただけかもしれませんが、次第に自分自身で希望の文章を書くようになりそれを電子書籍などで販売することも可能です。 書籍化をするならば、その勉強しなければなりませんが特にそこまでする必要がないと感じている場合には自分でブロガーとしてサイト運営をしてみるのも良いでしょう。

印税等は一切入ってきませんが不労所得としての魅力があるのは間違いないところです。 このように、必ず自分に合ったやり方がありますので色々と参考にしてみるのが良いかもしれません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事