国内の証券会社でなく海外の証券会社を利用するのはなぜですか?

国内の証券会社でなく海外の証券会社を利用するのは、日本の証券会社ではレバレッジの最大が25倍に制限されているので、投資できる資金が限られている人では大きな利益を得るチャンスがほぼないからです。海外のFXで取引する場合には1000倍までレバレッジをかけることができるので小さな値動きで取引する場合でも利益は大きくなります。

500万円以上の資金を回す場合には国内のFX会社の方が安心かと思いますが、税制に関する違いもあるので必ずしも国内の証券会社が良いというわけでもありません。

国内証券会社でのFX取引の特徴

国内証券会社の規制と保護の枠組み

日本の証券会社は金融庁の厳格な規制と監督の下で運営されています。これにより、投資家保護のための法的枠組みが確立されており、透明性と公正性が保たれています。

税制の違い

国内の証券会社を利用する場合、FX取引にかかる税金は源泉徴収され、確定申告が必要な場合とそうでない場合があります。海外の証券会社を利用する場合と比較して、税務処理が異なる点に注意が必要です。海外FXの利益は「雑所得」として扱われ、申告分離課税の対象となります。これは、その他の所得とは別に計算し、税金を申告・納付する必要があることを意味します。

最大レバレッジ

日本国内でのFX取引における最大レバレッジは、金融庁の規制により25倍に制限されています

これは、過度なリスクを抑制し、投資家を過大な損失リスクから守るための措置です。海外の証券会社では100倍以上のレバレッジが許容されることもあります。XMトレーディングの場合には1000倍までレバレッジで取引可能です。1000倍のレバレッジで取引をした場合、借金することになるのではないかという心配をみんな抱えると思いますが、XMトレーディングでは自動ロスカットシステムがあり、証券口座にあるお金以上を追加の費用を請求されたりすることはありませんのでリスクは限られています

日本語サポート

日本の証券会社では、日本語でのサポートが充実しています。これにより、取引に関する問い合わせやトラブル時の対応がスムーズに行えるという利点があります。日本の証券会社なので日本語のサポートがあるのは当たり前、です海外の証券会社であるXMでも日本語でサポートしてもらえるのでこの点を特に差はありません。

日本でシステムトレードが行える証券会社の例

日本の証券会社でもシステムトレードが行える会社は多数あります。このサイトで取り扱っている「稼ぐチカラ」「増やすチカラ」は日本の証券会社では使用できないです。

証券会社 サービス名 特徴
アイネット証券 ループイフダン リピート系発注機能、20ペアの通貨に対応、買いと売りの戦略を同時稼働可能、スプレッド原則固定、1000通貨単位から取引可能、スワップポイントの高さ
マネースクエア トラリピ(マネースクエアFX) リピート系発注機能の元祖、設定の自由度が高い、複数のイフダン注文設定可能、相場が想定レンジ内で動く間は収益チャンス
FXブロードネット トラッキングトレード 相場の変動に追従したイフダン注文とOCO注文を自動で繰り返し発注、スプレッドが狭く低コスト、最低取引単位1000通貨、ブロードライトコースとブロードコースの2つのコース利用可能
トレイダーズ証券 みんなのシストレ 24時間自動売買可能、操作が簡単、SNS感覚の取引画面、取り扱い通貨ペア数が33ペアと豊富
セントラル短資FX FXダイレクトプラス パソコン版取引ツール利用でFX自動売買可能、取引条件選択でオリジナル売買プログラム作成、初心者にも扱いやすい、サンプル売買ロジックのカスタマイズ可能
auカブコム証券 auカブコム FX スプレッドの狭さが特徴、メジャーなテクニカル指標を使った売買条件作成、プロトレーダーの取引手法を参考にした自動売買プログラムの稼働も可能

これらの証券会社とサービスは、それぞれ異なる特徴を持ち、FX自動売買に興味がある方にとっては、自分の取引スタイルや目的に合ったサービスを選ぶことが重要です。

日本の証券会社の安全性と海外の証券会社の違い

資金の分別管理

日本の証券会社では、顧客の資金は会社の運営資金とは別に管理されることが法律で義務付けられています。これにより、会社が経営破綻した場合でも、顧客の資金は保護される可能性が高くなります。この件については海外の証券会社でも同じように分別管理をしているということを示してはいますが、近年の例として会社が破綻した時の資金の保護がなく返金されなかったということも数件起きてます。そのため海外FXを扱う場合にはこまめに自分の銀行口座に出金をしてFX口座には必要な資金だけしか残しておかないというようなリスク管理が必要です。

投資者保護基金

日本では、証券取引等監視委員会の下、投資者保護基金が設立されており、証券会社が破綻した場合には一定の補償が受けられる可能性があります。

透明性の高い取引環境

国内の証券会社は、価格の透明性、公正な取引実行、顧客への適切な情報提供など、高い基準で運営されています。

結論 不労所得で生活することを狙うなら海外FX

国内の証券会社でFX取引を行う場合、規制のもとで安全性が高い点が大きな利点です。一方で、最大レバレッジが25倍に制限されているため、海外の証券会社と比較して潜在的な収益性は低くなる可能性があります。

日本の証券会社でもシステムトレードを取り扱っている会社は多数ありますが、数万円から100万円程度の資金でシステムトレードをするのであれば、海外の1000倍のレバレッジで取引をした方が毎月数十万円から数百万円の利益が上がり不労所得で生活ができるレベルに達するため、私たちは海外のFXをあえて使用しています。

 

MT4のFX自動売買システムEA無料相談・利用申込はこちら



ご相談が大変多くなっており、お問い合わせフォームでのご相談を一時休止し、LINEでの対応に統一させていただきます。

QRコードの読み込み方法

稼ぐチカラ・増やすチカラの情報についてはLINEのオープンチャットもしくは公式LINEでの受付をしておりますのでこちらにお入りください。オープンチャットはいつでも入退出可能で、日々の利益や稼働時の注意点、他のユーザーとの情報交換などができます。

LINEを利用できるスマートフォンでQRコードを読み込むと、公式LINE、オープンチャットに登録できます。

「稼ぐチカラ」「増やすチカラ」公式LINE

公式LINEでは個別の無料相談、自動売買システムの無料利用登録を受け付けています。

@091lmrrz

稼ぐチカラ公式LINE

友だち追加

オープンチャットも参加無料!

オープンチャットでは日々の利益の共有、稼働する際の注意点、他のユーザーとのやり取りなどができます。実名は出さず匿名で参加でき、24時間入退出も自由です。興味を持っていただいた方はまずはオープンチャットへの参加をおすすめします。

匿名で情報収集だけでもOK!

稼ぐチカラオープンチャット

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう