GUとは、ギャップアップ(Gap Up)
スポンサーリンク

企業の情報を分析して投資に役立てるのがファンダメンタルズ分析

そしてチャートの情報を活用して投資に役立てる事をテクニカル分析といいます。ここではテクニカル分析の活用方法と注意点を説明します。テクニカル分析の基本となる部分なので、初心者の人も覚えておきましょう。 テクニカル分析の活用の仕方、注意点などについてお話します。

トレンドの転換点を意識する

一つ目がトレンドの転換期を意識するという事です。トレンドの転換期を性格に見極める事ができれば、短期間で大きな利益を得る事ができるでしょう。少なくとも、勝率を着実に上げることが出来ます。 移動平均線やトレンドライン、出来高などの情報を参考にすることで、節目を探す事ができます。

スポンサーリンク

組み合わせて使う

ファンダメンタルズ分析でもPER、PBR、ROEといった指標があるように、テクニカル分析にもいくつかの指標があります。テクニカル指標も単体で使ったところで大きな効果はありません。むしろ一つの指標にとらわれる事で、全体の動きを見失い、判断を誤る事があるため、複数のテクニカル指標を組み合わせて使うことが大切です。 似た視点からの指標を組み合わせるて精度を上げるのもいいでしょうし、違った視点からの指標を組み合わせて多角度的に見てみるのもいいでしょう。

サインを検証する

テクニカル分析では、こういうサインが出たときにはこうなりやすい、といったような大まかな判断を得る事ができます。たしかにテクニカルな方法ではありますので、高度な方法を使っていると思い込み、そのとおりに使ってしまう人が多いのです。 しかし、短期投資をしている人のほとんどはテクニカル分析をしています。その中で勝ち残っていく為には、教科書どおりの分析ではなく、工夫をこらして一歩も二歩も先を行かなければなりません。テクニカル分析を定石通りではなく、自分なりの見解を加えながらアレンジして利用していくということです。

例えば、銘柄ごとに適したテクニカル指標を探すとか、ある指標で「だいたいこのラインに至れば買い(売り)である」というものをより高水準にしてみるなどといった方法です。指標を計算する際に、計算式に入れる数値の設定を変えてみるというのも有効な方法の一つです。 このようなアレンジを繰り返して行く事で、「この指標を使うときには数値をすこし高めのほうが間違いがすくない」などという細かいところが分ってきます。

短期投資を行い、テクニカル分析をしている人のうち、自分でアレンジして指標を使っている人はわずかなものです。工夫を加えてその少数の仲間入りを果たせば、同じく短期投資を行っているその他大勢よりも確実に勝率は高くなります。 テクニカル分析の注意点ですが、それはテクニカル分析というのは企業の価値の基づいたものではなく、あくまで市場参加者の心理や値動きの指標であるという事です。企業のニュースや社会的要素はテクニカル指標では見通せない為、ぜひ注意しておきたいものです。

おすすめの記事